最低限食べる

驚く女性

いきなり無理をしない

前日に食べ過ぎた場合、すぐに脂肪になるのではなく、48時間ほどは肝臓で糖質として蓄えられています。断食を行うことで脂肪になる前に必要なカロリーを補充するため体に脂肪がつきにくくなります。他の断食のメリットとして消化器系を休め、デトックス効果が期待されます。しかし全く何も食べない断食はリスクもあります。脳の栄養分であるブドウ糖不足やビタミン類の不足により代謝や活動がうまくいかず、イライラや眩暈を起こすこともあります。1日でもかなりつらいです。そこで胃に負担がないスムージーや飴などによる糖分の補給が必要になります。断食すると長期間、腸にへばりついている便などもとれ、おなかの調子が整う方も中にはいます。

はじめてな方へ

断食は慣れている方であれば週末に行う方もいますが、初心者ではかなり厳しいです。特に数日間の断食は病院などちゃんとした施設でないと命に関わります。初心者はいきなり1日何も食べないのではなく、前日の晩御飯を早く食べ、朝ご飯を食べないなど時間を短くし徐々に延ばしていくことをお勧めします。断食は18時間で効果があるとされており、晩御飯を早めに食べ、朝ゆっくり寝ることで我慢する時間がかなり短くなります。朝からはスムージーなどの野菜から酵素をとることにより代謝系が活発に働き効果的です。またその時に少量の砂糖も取ると脳への栄養補給もでき辛さが半減します。本格的な断食は修行であるため気楽な気分で行うことが大切です。